男の人

空室のリスクを防げる

女性

専門業者に自分の不動産を賃貸して、専門業者が第三者に賃貸して収益を上げることをサブリースと言います。家賃保証などのサービスが付帯されていることが多く、不動産所有者は空室や家賃の滞納のリスクを回避できる点が大きなメリットです。

詳しく読む

経営に良い情報がある

建物

マンションを経営している人は管理事務所を設立すると節税対策をして利用できるのです。修繕をしてマンションをリフレッシュするとマンション価値も高まります。またリフォームをすればマンション経営も楽になるのです。

詳しく読む

銀行の説明

講演

銀行が開催する不動産投資セミナーは投資のメリットとリスクを冷静に説明してもらえるので参加者が増加しています。セミナーでは銀行で投資資金の融資を受けるための条件などの説明がありますので、それも投資の可否を判断する参考になります。

詳しく読む

賃貸経営を効率的に

住宅

自宅の土地を活用してアパートを建設したり、中古の売りアパートの物件情報をチェックするなど、賃貸経営の出発点は様々です。しかし高い収益性を実現するにはオーナーのアイデアが重要であり、特に中古アパートを賢く利用するのが理想的です。中古の売りアパートをできるだけ安く買うことで、高い運用利回りが実現できるでしょう。更に購入した中古アパートを独自にリニューアルするなど、オーナーの経営手腕を最大限に発揮することが、高収入を実現するためのポイントです。不動産情報サイトを利用したり、業者が提供する物件情報を活用するなど、できるだけ多くの情報ルートを生かす姿勢が肝心です。稼働率が低い売りアパートであっても、購入後の取り組み次第で満室経営を実現することは十分に可能です。

格安な地方の売りアパートを購入するときの基本は、マイカーの利用に適した物件を厳選することです。家族で2台の自家用車を保有する世帯が多いことも考えて、戸数よりも多くの駐車スペースが確保できる物件を選ぶべきでしょう。建物の状態を綿密にチェックするのが中古物件を選ぶコツであり、購入後は外壁塗装と屋根の防水工事を行うのが望ましいです。満室経営のオーナーチェンジ物件を買う場合でも、将来的な稼働率の低下に向けた対策を立てる取り組みが必要でしょう。早めに大規模修繕のプランを考えて資金を確保することが、長期の安定経営を実現するための秘訣です。所有者の自主管理を基本としながら、必要に応じて管理会社も併用するのが、効率的にアパートを経営するテクニックです。